脱毛前は日焼けNG

脱毛前に日焼けは避けましょう!

暖かくなり、肌の露出が増えると、ますます気になるムダ毛。 もちろん冬も気になるけど、寒いうちは隠せるからどうにかごまかせます。 スカートや半袖の季節になると、隠せませんからね。

要注意!

春、そして夏になると脱毛のお店にいく人が増えるそうですが、お店での脱毛にもいくつか注意事項があります。 その中のひとつが、日焼け。 赤く日に焼けた肌や、ガングロと呼べるほどの黒い肌では脱毛を断られることがあります。 それは、レーザー脱毛や光脱毛の特徴でもあるのですが、お店出の脱毛は半永久脱毛。 毛根、毛母細胞に刺激を与えて毛を生えないようにするわけですからそれなりに強力な刺激。 日焼けのお話でも書きましたが、お肌は“刺激”にはめっぽう弱いのです。

レーザーや光脱毛は、正常な肌に対して、できるだけ刺激を抑えながらもきちんと脱毛効果が得られるようになっています。 これが赤く日に焼けた肌だと、元々日焼けによるダメージを受けた肌に、更に脱毛の刺激を与えるわけですから、肌への負担は大きくなります。 炎症の原因になったり、シミや色素沈着ができてしまったり、思うような脱毛効果が得られないことも。 そのため、お店側の判断で脱毛を行なえないということがある訳です。

黒く焼けた肌の脱毛に関しては、また別の原因が。 レーザーや光脱毛は、メラニン、つまり黒いところに反応するように作られています。 白い肌で行なう場合は毛の部分のみに集中して照射できますが、黒く焼けた肌の場合は肌全体に反応してしまい、毛の部分に集中的に照射できないことによって思うような脱毛効果がえられないことがあります。 また、肌が黒い方が刺激を感じやすい機器もあり、その場合はパワーを落として照射するために脱毛効果が感じられないことも。 このため、お店では規定以上の日焼けした肌の場合は脱毛をお断りするか、白くなるまで期間を空けてもらうことがあります。

特にムダ毛が気になる夏に脱毛ができないのは困りますよね?。 脱毛をしようと思ったら、その夏はあまり日焼けするところに行かないようにするか、夏を避けて脱毛を始める必要がありそうです。

私の経験では、脱毛を初めて半年くらいで効果は感じ始めるので、秋に脱毛を始めて、冬に徹底的に通い、春にはあまり気にならない程度まで落ち着かせ、次の夏にはツルツル肌☆というのが理想的かな。 でも、人それぞれ効果の出方も違いますし、部位によっても数回で脱毛完了することもあれば、何年もかかる人もいるようです。 脱毛期間中は気をつけることもたくさんありますが、終わってしまえばかなり楽になります。 脱毛期間を短くさせるためにも、特に日焼けには注意が必要です。

日焼けと肌トラブルの知恵袋 MENU